在宅総合センター らくらく

昭和22年から地域に根ざし保険・医療・福祉ネットワークを広げてきた組織の新たな展開。
高齢者の暮らしを守り、住み続けることを可能とするため7つの介護支援事業を終結。東西に長い敷地の利点を活かし素直に建物を配置、変化する情勢に対応し7つの支援を横断的につなげるフレキシブルな室内空間。この建物が我がマチの在宅介護率を引き上げる。

採用.jpg軒+縁側空間 軒+縁側空間 軒+縁側が内と外を緩やかにつなぐ

4839.tif西側には深い軒+デッキで反屋外の部屋4842.tifキッチンから景色まですべてが見渡せる4844.tifキッチンから景色まですべてが見渡せる

4846.tifキッチンから景色まですべてが見渡せるIMG_2786.jpgキッチンから景色まですべてが見渡せる

ページの先頭へ