ぽのハウス 
グループホーム (滋賀県大津市)

重症心身障害のある方々の「おうち」が完成した。
「施設ではなく家を」を合言葉に父母の会が中心となり、運営の社会福祉法人と土地探しからスタート!敷地の環境を読み取り、邪魔な騒音カット、南の光と緑溢れる土手空間を取り込む素直な建物となった。
軒の深い縁側は日差しカット、地域の人々が自然と寄付き交流を促進させる。そんな「おうち」になるだろう。

IMG_6848.JPG高架の騒音に配慮しながらも陽光を取り込む配置


IMG_6864.JPG左側は居室帯。高窓から光を取り入れるIMG_6866.JPG共用キッチンと繋がる和室で落ち着きを感じる

ページの先頭へ