グループホーム・デイサービス すいれん

住み慣れた家・在所で最後までの暮らしを守るため、ここ10年で野洲平野に3つの建物を点在。3物件とも木構造の人肌に馴染む建物だ。2,900mmグリッドで構成された単純フレーム・可動間仕切、天井高さの違いも相まって、質の違う空間を生み出す。変化する情勢にも対応した建物がまた一つ完成した。

1130.tif全体が見渡せながらも、コーナーが活きる

1128.tif伸びやかな外観DSC_0088.JPG便利・快適な洗面コーナーDSC_0056.JPG目の行き届く事務所

1129.tif高さと木で暖かみある心地よさ

ページの先頭へ