『環動住宅』 南春日丘6戸の売建住宅

大阪府茨木の丘陵地に6戸の売建て住宅が竣工を迎えた。その内2戸は、階段を取込む半吹抜け空間が南西門に存する環動住宅だ。家族んも動線軸となるその空間は、暖気の上昇気流を利用し、屋根裏→北外壁内→床下へと空気が循環する無機械の自然システム。夏は半屋外的に、冬は日向の場にと、フリースペースとしても機能する。更に居室に柔らかな間接光をも運んでくれる。多彩な環動コアが多様に働くまさにエモーショナルな住宅となった!
南採光、通風を確保し敷地の高低差も生かした互いが干渉しない配置計画。各住戸に設けた外部空間は自宅としてだけでなく、隣戸への環境スリットとしても働き合う。6戸全体ならではの計画だ!

DSC_0052.JPG敷地南西側からの眺め

_DSC2064.JPG住戸B:2階LDKと環動コア_DSC3571.JPG住戸A:1階LDKから環動コアを望む南春日丘1.jpg2階の環動コア:陽気を貯めて暖気の上昇気流を生む春日丘配置-2.jpg6住戸の配置計画

ページの先頭へ