建築設計・事業コーディネート・住宅 リフォーム相談・商業デザイン

WORKS

新芦屋下コーポ

 

 
経済縮減時代の新たなカタチ
築25年の社員寮22室→共同住宅8戸
コンバージョン型コーポラティブハウス
 
既存の建物をそのまま使う可能性が芽生え、
私たちの思想に賛同した8世帯が集結
 
未だ新築神話を主体とした税金や法体制
そこからくる諸問題を住み手と2人3脚でクリア
 
土地取得から約1.5年をかけ生まれ変わった
 
既存の建物を利用した住居づくりのコーポラティブにおいて
事業完了まで一貫して無理なく変化を受け入れることができる
システム作りがポイントになった
 
そこで余裕のある既存空間で空間を余らさず使い切る方法として
『リノベーション(空間を一身)』と『リフォーム(仕上げのみ変更)』
の考えを付けることでみんなが満足でき、
既存建物の魅力を最大限に引き出したコーポラティブとなった
 
25年経った社員寮をみんなの思いで生まれ変わった共同住宅
スクラップ&ビルドは、もう過去の手法!
 
 

凸凹で各住戸の特徴がうかがえる

住戸A

 

住戸B


住戸C

建設中 スケルトンで家からの眺めを確認