コーポラティブハウス

コーポラティブハウスとは、「自ら居住する住宅を建設しようとする者が組合を結成し共同して事業計画を定め土地の取得、建物の設計、工事の発注その他の業務を行い、住宅を取得し管理していく方式」のコトです。
(昭和53年3月建設省(現国土交通省)住宅局コーポラティブハウス方式研究委員会定義)
コーポラティブハウスは、『住み手による住み手のための集合住宅』です。
一般の分譲マンションのように完成した住宅を購入するのではなく、入居者一人一人が主体となって、自分達にとって心地よい住まいを協力して創っていきます。
VANSでは、組合募集、土地探しから設計、工事監理、組合運営のアドバイスまで、建設組合をトータルでサポートし、今まで数多くのコーポラティブハウス組合運営に取り組んできました。

コーポラティブハウスの特徴

特徴1:実費で住宅を取得出来ます。

cost-2.jpg納得のいく住宅価格
土地の取得、鴻字発注などすべて実費で積み上げられたものが事業費となり、投資するお金は全て有効に実態のあるものに使われる仕組みです。
住宅を買うのではなく創るので、大手企業、ディベロッパーなどによるマンション建設における、広告宣伝販売費、事業主利益を入居者が負担するコトなく、原価で質に応じた納得いく価格で住宅を取得できます。


特徴2:自由な設計が出来ます。

kouji.bmp住まい方は十人十色
間取りや内装仕上、設備機器にいたるまで入居者の要望が活かされるので、自分のライフスタイルにあった魅力的な住空間が生まれ納得の住宅が取得できます。
玄関からつながる土間、外を望める浴室、天井の高いリビング、愛犬・愛猫と快適に暮らせる家など・・一般の集合住宅では無理とあきらめていた住まいに関する希望を、担当設計者が各住戸ごとに貴方だけの住まいのプランニングを行います。(※)
※構造上の問題、組合規約等で制約条件のあるプログラムもございます。


特徴3:良好な近隣関係を築くことができます。

105-0566_IMG.JPG肩のこらない近所づきあい
コーポラティブハウスは、住むシステムではなく創るシステムです。創る過程で相互に生まれる仲間意識がその暮らしにも好影響を与えます。
近所づきあいの少ない現在のマンション生活のように、隣に誰がすんでいるのか分からないのは不安なものです。コーポラティブハウスは、計画段階から何回も顔を合わせ、参加者全員が協同で事業を進めていきます。そのため、事前にお互いの人となりを知り、建物について共通の理解をした上で暮らし始めるため、自然にコミュニティができ、入居後も近隣の人の顔が見え安心して暮らせます。
さらに、共有する建物に対する高い維持管理にもつながります。