大阪の建築設計事務所

WORKS

HOME | WORKS | 保育施設 | つくし保育園・K邸

つくし保育園・K邸

 
 

築30年、新たな空間で新たな生活に『快』修


 
建設費高騰の中、役所の実態に合わない不合理な
補助金指導と闘いながら獲得した新園である
 
8m×30mの狭小縦長南北敷地
 
バルコニーを三方に設置、最大床面積と二辺採光と広がりを、
各南北保育室に獲得
 
都会型のRC3F保育園であるが、
3Fにはルーフ園庭、遊戯室と天国がある
 
また、園東北側に隣接する園長の自宅改修も同時進行
 
建て替え中は仮園舎として内部改修利用
数万円の建設費コストダウンに寄与した
 
本園竣工後、元の住宅に改修
築30年、新たな空間で新たな生活が始まる
 
一つの老いた建物が、ある時期、想像を超える機能を発揮したのである
 

 
狭く思わせない内装

 

 
3階に広がる園庭

 
 

つくし保育園の北面は園長の自宅

 
 

広々としたスタイリッシュなダイニングキッチン